箱の中の猫

@xoxo_humpheryのブログです。当ブログはリンクフリーとしております。

トップ

当ブログはリンクフリーとしております。 

 

カテゴリ

構築記事 / 単体考察 / 構築考察  / コラム

 

使用構築と各シーズンのレートです。

USUMS11 ボルトロスタン

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainf:id:NateArchibald:20180802153746p:plainf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainf:id:NateArchibald:20171010060349p:plain

USUMS9 コントロールアゴハッサムver2

f:id:NateArchibald:20171206012755p:plainf:id:NateArchibald:20171010033442p:plainf:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20170721210017g:plainf:id:NateArchibald:20171010013814p:plainf:id:NateArchibald:20171004180807p:plain

USUMS8  霊鶏連携ランドネットワーク

f:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20180305101715p:plainf:id:NateArchibald:20180124005730p:plainf:id:NateArchibald:20171010055659p:plainf:id:NateArchibald:20171010055844p:plainf:id:NateArchibald:20171010060307p:plain

USUMS7  誤魔化しゲンゲッコバレル

f:id:NateArchibald:20171004180804p:plainf:id:NateArchibald:20171010033623p:plainf:id:NateArchibald:20180124005730p:plainf:id:NateArchibald:20171005171111p:plainf:id:NateArchibald:20171004180807p:plainf:id:NateArchibald:20171004043528p:plain

      温故知新アーゴランドハッサム

f:id:NateArchibald:20171206012755p:plainf:id:NateArchibald:20171010033442p:plainf:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20171010033623p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20171010062818p:plain

SMS6  砂パ偽装崩しサイクル眼鏡テテフカバリザY

f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171029223758p:plainf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainf:id:NateArchibald:20170709012109g:plain

 

SMS1 スイッチトリルポリゲンアシレ

f:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20170709012038g:plainf:id:NateArchibald:20170709012509p:plainf:id:NateArchibald:20171010033442p:plainf:id:NateArchibald:20170709011909p:plainf:id:NateArchibald:20170709012126g:plain

ORASS17 ラティハッサムサンダーガルカバゲッコ

f:id:NateArchibald:20171010033433p:plainf:id:NateArchibald:20171010033442p:plainf:id:NateArchibald:20171010033450p:plainf:id:NateArchibald:20170709012154p:plainf:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171010033623p:plain

 

 

はじめまして、ちゃっくと申します。

 

XYS6からシングルレートをはじめました。

好きなポケモンハッサムライコウスイクンです。

SMではせっかくS1からレートをやっていきますので環境の形成・変遷を目の当たりにするだけでなく自分もその一部となりたく情報を発信していこうと思いこのタイミングでブログをはじめてみました。

自身は当初目標であったレート2000を達成するまでに約3年かかりました。

当然決して強くはありませんが強くないなりに考えてレートを伸ばしてきたこと、またレートが伸び悩む気持ちが非常によく分かると同時にある程度勝てる楽しさも分かっていると自負しています。

なので、初心者や強くなりたい方にとって分かりやすく、参考になるような、なにかためになるような記事を投稿していくことをコンセプトに記事を綴っていきたいと思っています。

 

通勤・通学や昼休み、寝る前のひと時のお伴にどうぞ。

何かご質問、記事内容等で改善点やご意見等ありましたら是非お気軽にコメントやTwitterのリプDMお待ちしております。

TwitterID @xoxo_humphery 

 

7世代の夢

ポケモンは根本的には運ゲです

 

構築段階,マッチング,選出,行動,追加効果,ならびに急所など,極力不安要素を取り除いていっても微量でも最後まで確率要素は残ります

 

この中で構築,選出,行動という「プレイヤーが干渉できる部分については数字とデータを使って定量的に評価することで,自分のとる一手一手により整合性を持たせて戦うことができないか?」ということを考え,半ば夢のように考えていました

 

具体的には

1.ぽけっとふぁんくしょんさんの上位記事データ*の解析→上位構築の構成割合の解析に基づいた,構築に組み込むメタの効用の定量評価

2.選出ログの蓄積→被選出率の解析値に基づき選出の決定

3.各対面で押される行動の解析

こんなことを試みていました

 

*ここではぽけっとふぁんくしょんに従い最終1000位以内,レートにして1950程度と定義します

 

実際には1.については解析する仕組みは構築できており,2.についても仕組みは構築し実践していました.

f:id:NateArchibald:20190907224912p:plain

f:id:NateArchibald:20190907224948p:plain

こんな感じです

 

しかし,各シーズン公開される上位記事は200件程度,各構築軸単位(カバマンダ,マンダナット,ゲコミミマンダ等)にすると4-5件程度と多くはなかったため統計的信頼度として不十分でした.

また2.については見た目(6匹の並び)に対して相手の選出が決定するという仮定のもと,入れ替えなどで見た目が変わってしまうこともありやはり時間的には不十分でした.

 

3.については時間的にそこまでは蓄積,解析はできなかったため実践できてはいません.

 

これらは全て一人でやっていました

理由は

・型共有の疑いに繋がるなどの倫理的観点

・ファイルを第三者に提供するとしたらプライバシーの心配

などです

 

 

そしてもう一つ、これまで人に言わなかった理由は僕が弱かったからです

 

僕は人に勝つために工夫すること・考えることが好きな人間で,何かを考えているときが一番楽しいです

(例えば構築だったり,相手はここ何してくるかなーとかです)

 

どっちが欠けても,すなわち相対評価に基づく競争とそれを達成する工夫の余地のいずれが欠けても物事を楽しめません

 

なので,これらの仕組みへの取り組みは工夫のひとつとして,構築を考えることと同等に楽しみながらやっていました

 

むしろポやるよりもこっちの方が楽しくなっちゃったまであります

 

自分は楽しいからやっていましたが,こんなことやってるのに弱いのwってなるのは悲しいなーっていうのもあります

 

僕は関わる人間は相当厳選しているので,FFの中にはそういう方はいないと断言できますが,それでも「○○さんがいいねしました」やリツイートで流れてくるのを見ていると面倒なの多そうだなーと億劫になっていました

 

 

あとは環境に運要素が増えすぎていて,わざわざ数値で評価するのが自分でも馬鹿らしくなった点です

 

ジャロゴーリや重力催眠はきちんと構築単位で戦略を練っていて好きな構築ですが,最近はピンでお祈りされて,その初手だけできまっちゃうような対戦が増えちゃったからです

 

前は終盤1900-2000の間でたまにみるかなーくらいだったのが最近はもはや3-4戦に一回くらい,果ては15001400代の相手も普通に使ってきます

 

オニゴーリや催眠ゲンガーは枠を圧縮することで勝てる範囲を増やし,また負ける範囲も増やすというリスクリターンの取れたものと理解していますし,僕の楽しみが「勝つこと」であれば実際自分は間違いなく使用することがあると断言しますし,使用者を否定する気は全くありません

 

ただ,こういうのが増えすぎるとポケモンはじめた当初僕がやりたかった対戦ではなくなっちゃったなーっていうだけのもので,僕がこのゲームにそぐわなくなっただけの話です

 

8世代は(これまで通りのシーズン期間設定であれば)S1,S2は修論,卒業旅行,学会発表,論文投稿,入社などと重なるため,時間的・金銭的にどっちみち余裕はなさそうなのでやりません

 

その間エアプしてキャスなどみていて運ゲが減って,僕がやりたいと思うゲームに見えたらS3-4くらいに復帰すると思います

 

というか僕の好きな「工夫と競争」の対象が仕事に移るのはなんとなく見えていて,そっちに集中しそうな気もします

 

僕は今どき珍しい出世欲に溢れる人間なので

 

 

とりあえず7世代が終わるまではオフと大学の学際オフを目標にちょいちょいやると思います

 

ただ,ゼノンザードっていう面白そうなスマホカードゲームが出るので,そっちに目が眩むかもしれません

運に左右されない強さ

僕の悩みです

 

ポケモンは根本的に運ゲです

 

1.マッチングと構築相性

2.選出の噛み合い

3.立ち回りの噛み合い

4.同速

5.追加効果、急所

6.運ゲパetc...

 

これらから逃れることはできません

 

1-3については構築の段階で不安定択を発生させないようパーティを組み上げる、すなわち全対応の概念が運ゲの解消に繋がります。

 

しかし、それには極めて高度な構築スキルが要され、またそのようなある種完璧な構築が仮に完成した場合、それを使わない手はありません。

 

すなわちプレイングスキルが等しい場合ゲームが3-5の段階の運ゲに集約されます。

 

そのとき最も運ゲを回避できる手段はそのような構築に対するメタです。

 

自分の中の概念として、環境トップメタ構築は力、すなわち「剛」に相当し、メタ構築は思考の外からそれをいなす、すなわち「柔」に相当すると感じています。

 

「柔」で戦う上で、トップメタを使うとある種力での殴り合いである4.同速ゲーが発生します。

 

これでは本末転倒であると感じます。

 

しかし、「柔」の戦い方は真っ向勝負を避け相手を分析した上で安全地帯から的確に射抜く、すなわち不安要素の干渉を極限まで抑えこちらの不意打ちを押し付けることであると考えており、それには

・型のカスタマイズ

・上からの行動で地雷の押し付け(相手の攻撃による5.の回避)

が構成要素となると考えます。

 

それを最も簡単に搭載できるのはゲッコウガf:id:NateArchibald:20171010033623p:plainです。

 

しかし、ゲッコウガは採用した段階で相手の願望プレイングを誘発し、何週も回ってこちらの地雷ゲッコウガが「噛み合う」か「噛み合わない」かのゲームとなってしまい、また環境の中心であるゲッコウガの採用は同速を避けられず、そうなる以上不安定と言わざるを得ません。

 

それでは運ゲの回避になりません。

 

 

次点で有効と考えるのはこだわりアイテム、特にスカーフです。

 

しかし、7世代に入りf:id:NateArchibald:20171005171628p:plainf:id:NateArchibald:20171005171601p:plainf:id:NateArchibald:20170721210017g:plainf:id:NateArchibald:20170721210045g:plain等の登場・台頭による現環境ではタイプ×数値を高水準で満たす受けサイクルが環境に蔓延している以上、火力×範囲を満たすことのできないこだわりアイテムでの崩しは簡単ではありません。

 

また、f:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainもまた環境の中心である以上安易なこだわりは積み→全抜きのを要します。

 

そしてこだわりアイテムは性質上裏読み願望技選択からは逃れられません。

 

したがって、今の環境で勝つなら地雷やメタに頼る、構築の中心に据えるのではなく、本当に強いポケモンで本当に強い構築を組み使用し、的確なプレイングを磨いたうえで対応しきれない範囲を地雷で補うことがやはり近道と言えるでしょう。

 

 

そして、最もプレイヤーの成長に繋がるのは

・全対応を目指す完成度の高いパーティの構築・ブラッシュアップ

・トップメタのぶつけ合いを制すプレイングスキル

・ひとつひとつの構築に対する熟練と高い理解

であると考えています。

 

が、僕は7世代を通じ目先のちっぽけなレートに固執し「プレイングではなく思考の外から不意打ちをぶつける一過性の地雷に近い構築」を転々と組み、「その場しのぎのアドリブヤンキープレイ」に逃げていました。

 

なので本質的な成長はなく、世代を通じて最高レートが伸びていないと考えます。

(6世代最高1950程度、7世代最高2000程度)

 

実際、前は1900帯なら安定して維持はできていたのに、1年ポケモンやってなかっただけで「100戦近くやってレート1500」っていうくらい勝ててません。

 

7世代新規の沢山の方に抜かれてきました。

 

 

おそらく7世代最後のシーズン?そしてレート自体が最後?というかそもそも7世代で引退の可能性も小さくない?中でどう戦おうかなーーーーと悩みます。

 

一番使ってきたf:id:NateArchibald:20171206012755p:plainf:id:NateArchibald:20171010033442p:plainに真摯に向き合うか、はたまた一番成果を出せたf:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20170709012020p:plainメガネf:id:NateArchibald:20170709012109g:plainを使うか、自分の中では実は一番好きな構築のf:id:NateArchibald:20171004180804p:plainf:id:NateArchibald:20180124005730p:plainf:id:NateArchibald:20171010033623p:plainを使うか

ロップゲンガー

ベースはこれなのかもしれません

nate-archibald.hatenablog.com

f:id:NateArchibald:20171005171033p:plainf:id:NateArchibald:20170709012509p:plainf:id:NateArchibald:20171004180804p:plainf:id:NateArchibald:20190325184433p:plainf:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20180802153746p:plain

 

f:id:NateArchibald:20171005171033p:plain@メガストーン

陽気AS

ねこだまし / おんがえし / とびひざげり / れいとうパンチ

f:id:NateArchibald:20170709012509p:plain@メガストーン

ひかえめCS

シャドーボール / ヘドロばくだん / こごえるかぜ / きあいだま

f:id:NateArchibald:20171004180804p:plain@混乱実

ずぶといHBD

ギガドレイン / クリアスモッグ / イカサマ / キノコのほうし

f:id:NateArchibald:20190325184433p:plainこだわりハチマキ

意地っ張りHA

かみくだく / おいうち / れいとうパンチ / ストーンエッジ

f:id:NateArchibald:20171004043528p:plain@混乱実

のんきHB

じしん / がんせきふうじ / とんぼがえり / どくどくorステルスロック

 

f:id:NateArchibald:20180802153746p:plain@ジャラZ

おっとりCS 防音

スケイルノイズ / ドレインパンチ / かえんほうしゃ / ちょうはつ

 

〇ハチマキおいうちバンギf:id:NateArchibald:20190325184433p:plain→高速スイーパー(f:id:NateArchibald:20171005171033p:plainf:id:NateArchibald:20170709012509p:plain

(多分)全ポケモン中最大火力のおいうちで邪魔なのを潰し、高速ATでスイープしていく動きが強いんじゃないかと思いました。

めちゃくちゃ気持ちよくなれそうです。

こいつのおいうちチャンスを増やすためにエスパーの通りをかなり良くしてます。(フェアリーの通りもよくなってしまいました)

アゴラティハッサム

f:id:NateArchibald:20171010033442p:plainf:id:NateArchibald:20171206012755p:plainf:id:NateArchibald:20180305101715p:plainf:id:NateArchibald:20171004042757p:plainf:id:NateArchibald:20170709012126g:plainf:id:NateArchibald:20171010033433p:plain

 

f:id:NateArchibald:20171010033442p:plain@メガ

のんきHBD

バレパン / 蜻蛉 / 叩き / 羽

メガ前:177(252)-150-137(36+)-C-128(220)-63(0-)

メガ後:177(252)-170-181(36+)-C-148(220)-72(0-)

HBDのんきメガハッサム - 箱の中の猫

 

f:id:NateArchibald:20171206012755p:plain@チョッキ

臆病CDS

竜の波動 / ヘドウェ / 大文字 / 蜻蛉

149(4)-83(0-)-94(4)-178(244)-98(36)-185(220+)

149(4)-83(0-)-94(4)-178(244)-147(36)-185(220+) (※チョッキ込み)

 

f:id:NateArchibald:20180305101715p:plain@混乱実

図太いHCSベース

熱湯 / 凍風 / ミラコor零度 / 吠える

204(228)-A-151(20+)-125(116)-136(4)-123(140)

306(228)-A-151(20+)-125(116)-136(4)-123(140) (※木の実込み)

 

f:id:NateArchibald:20171004042757p:plain@珠

おっとりCS

大文字 / 馬鹿力 / めざ氷 / まもる

155(0)-145(36)-81(0-)-178(252+)-90(0)-128(220)

155(0)-188(36)-81(0-)-231(252+)-90(0)-128(220) (※珠込み)

 

f:id:NateArchibald:20170709012126g:plain@デンキZ

臆病CS

10まん / 草結び / 蜻蛉 / 挑発orめざ氷orボルチェンor瞑想

145(0)-121(0-)-106(4)-147(252)-95(0)-200(252+)

 

f:id:NateArchibald:20171010033433p:plain@竜Z

臆病CSベース

流星群 / ショック / 瞑想 / 身代わりor10まん

159(28)-A-101(4)-182(252)-131(4)-173(220+)

 

f:id:NateArchibald:20171010033442p:plain:クッション

f:id:NateArchibald:20171206012755p:plainf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20170709012126g:plainf:id:NateArchibald:20170721210017g:plainf:id:NateArchibald:20171010013814p:plain等の超高火力特殊受け

f:id:NateArchibald:20180305101715p:plainf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20171010055659p:plainf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20171107061400p:plainf:id:NateArchibald:20171029223758p:plainf:id:NateArchibald:20171107052619p:plain等加速するポケモンへの切り替えし,分身バトン等害悪系構築メタ

f:id:NateArchibald:20171004042757p:plain:技範囲でf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20190121191603p:plainf:id:NateArchibald:20171004180807p:plainf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20171004180804p:plainf:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20171004175827p:plainf:id:NateArchibald:20170709012154p:plainf:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20171010033623p:plainf:id:NateArchibald:20171004175827p:plain等を制圧する駒

f:id:NateArchibald:20170709012126g:plain:ピンポイントメタ&速攻高火力枠

 

f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainのような構築や,雨パf:id:NateArchibald:20171010055649p:plainに刺すための草結び+蜻蛉帰り

f:id:NateArchibald:20171010033433p:plain:対受けル崩しの積み+高火力枠

f:id:NateArchibald:20171010013814p:plainf:id:NateArchibald:20171010062818p:plainf:id:NateArchibald:20171107061400p:plain等も可

ぶっちゃけピンポイントな構築にしか選出しないため,結構何でもいいです.

その中でラティの理由はf:id:NateArchibald:20171010033433p:plainf:id:NateArchibald:20171010033442p:plainf:id:NateArchibald:20171206012755p:plainこの並びがバリかっこいいからです.

 

構築はあくまでも体目操作+崩しです.

ハッサム軸は上からの「通し」にめちゃくちゃ弱いため,そこに対し

・スカーフを叩く

・吠える

・加速

の3方面からメタを張っています.

 

公開する機会がなかった構築です.

使ってみた方,いつか使用感を教えて頂けると嬉しいです.

HBDのんきメガハッサム

 

メガ前:177(252)-150-137(136+)-C-128(220)-63(0-)

メガ後:177(252)-170-181(36+)-C-148(220)-72(0-)

(S0個体を想定)

バレパン / 蜻蛉 / 羽 / 叩き

 

H-B:f:id:NateArchibald:20171004042740p:plainA200剣舞テクニマッパ2耐え

f:id:NateArchibald:20171004042648p:plainA156剣舞Zシャドクロ確定耐え

f:id:NateArchibald:20171004175823p:plainA189恩返し確定2耐え

f:id:NateArchibald:20171004175823p:plainA216舞捨て身確定耐え

H-D:f:id:NateArchibald:20171004175827p:plainC222Zシャドボ確定耐え

f:id:NateArchibald:20161120215000g:plainC147Z10まん確定耐え

f:id:NateArchibald:20171010013814p:plainC19710まん2耐え

f:id:NateArchibald:20170709012109g:plainC176眼鏡サイキネメガ前+メガ後2耐え

f:id:NateArchibald:20171010033623p:plainC157変幻めざ炎確定耐え

f:id:NateArchibald:20171010033623p:plainC155熱湯+Zハイドロカノン40%程度で耐える

S:メガ前無振りカバ抜かれ

メガ後無振りガルド抜かれ

 

アゴと組ませる上でクッション性能を強く意識した型です.

叩きはテテフのスカーフを落としてアゴの加速の起点を作る役割や,流行りのカビゴンの回復ソースを潰す役割を持ちます.

羽を絡めて広く等倍殴り合いができますが,起点範囲が広いため詰ませを意識するなら叩きの枠は剣舞もアリです.

ただし,Aに振っていないのでバレパンが全く通らず,環境的にも通りません.

 

カバに対して下から蜻蛉が撃てるため単体で欠伸ループが抜けられ,これがわんぱくではなくのんきな理由です.

特にフィラカバに対して

1T f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainステロ 叩き

2T  バレパン f:id:NateArchibald:20170709012053p:plain欠伸

3T f:id:NateArchibald:20170709012053p:plain欠伸(失敗) 蜻蛉

の流れで,カバを55%程度削って裏に繋ぐことができます.

フィラカバは大体の攻撃を2回耐えて木の実を発動できるくらいの耐久なので,55%程度削れればほどよく裏で一撃で落とせます.

 

追記

アシキさんの動画にて取り上げて頂いていたので,リンクを載せます.

www.youtube.com

 

構築例

nate-archibald.hatenablog.com

【USUMS11】ボルトロスタン

 S11での使用構築です.

結果は振るいませんでしたが,それなりに面白く珍しく,使いやすい構築だったので興味をもって頂いた方に昇華して頂きたいです.

全部は読まなくてもいいやという方は6.要旨・総括をご覧下さい.

                                                                   

目次(項目・アイコンをクリックすると各記載箇所にとべます。)

1.構築

2.詳細・採用意図f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainf:id:NateArchibald:20180802153746p:plainf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainf:id:NateArchibald:20171010060349p:plain

3.選出パターン・運用

4.緒言

                                                                  

1.構築

f:id:NateArchibald:20180802163734p:plain

コンセプトは自然と幸運を引き寄せることのできるスタンパです.

                                                                    

2.詳細・採用意図

                                                                       

2.1.化身ボルトロス@イアのみ

f:id:NateArchibald:20180802150709p:plain

H-B:f:id:NateArchibald:20171004042648p:plain143,156ぽかフレ確定耐えかつ木の実確定発動

f:id:NateArchibald:20171004175823p:plain216捨て身2連最高乱数以外木の実込み3耐え

f:id:NateArchibald:20171004175823p:plain189恩返し木の実込み4耐え

f:id:NateArchibald:20171004042724p:plain特化じゃれつく最高乱数以外耐え

f:id:NateArchibald:20171107061400p:plainA200フレドラ・逆鱗を87.5%で(乱数上2つ切り)耐える

f:id:NateArchibald:20171004043528p:plain197岩石封じ木の実込み3耐え

H-D:f:id:NateArchibald:20171010033623p:plain熱湯+激流熱湯確定耐え

C155Zハイドロカノン確定耐え

C155変幻冷ビ確定耐え

C155変幻珠冷ビ62.5%で耐え

f:id:NateArchibald:20171029223821p:plainC216だいもんじ最高乱数以外耐え

                                                                      

2.2.メタグロスメタグロスナイト

f:id:NateArchibald:20180802151953p:plain

H:16n-1

S:準速100族抜き

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plain+f:id:NateArchibald:20171004175957p:plainの採用

1.初手のミミゲッコに対して後攻ボルチェン→速い鋼技で上から縛るという動きで速霊ZミミZ,遅いミミZ,変幻冷ビ,激流ゲッコの全てに対応できる.

2.上から殴るのがべらぼうに強いと感じる環境下で,相手が上から殴るのを阻害し,こちらが上から殴れる状況を簡単に作れる.

3.悪戯心によりSに依存しない高い行動保証

4.麻痺下でアイへで殴ることが大きいアドバンテージに繋がる

これらを評価して化身ボルト+麻痺が入らないテテフバンギ等にも強いメタグロスから構築を開始しました.

また,筆者はこれまで構築の大きな運要素として,オニゴーリや分身バトンならびに催眠ゲンガーなどの運ゲ構築はおろか,スイクンの熱湯程度しか含んだ構築しか使ってきませんでした.

運勝ちできるような構築を使っていないのに,一方的に運負けして文句を言うことや,環境を構成するポケモンが増えた昨今,切ってる相手へのマッチングは避けられず,それらに当たった際の誤魔化しは不可欠に感じ,今回最後のワンチャン性能をそれなりに持つ構築を組むことに決めました.

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainについて

ボルトロスは対面操作,展開始動,相手の展開阻害,ストッパーと非常に多岐に渡る役割を担います.

今の環境では構築・選出のパワーを落とすポケモンになってしましますが, 悪戯挑発と電磁波によるゲームメイク性能は圧巻の一言でした.

また,害悪系,展開系にも高い耐性を持ち,かつ電磁波によって高い切り返し性能を持てます.

 〇f:id:NateArchibald:20171004175957p:plainについて

今回のグロスは採用理由の達成とある程度の怯み性能を期待し,アイへバレパン思念は確定としました.

その上で構築の主軸として通しやすい・選出しやすい構成にしたかったため,鋼超との補完のいいアムハンを採用しました.

 Sを削った弊害としてはf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainグロスマンダに抜かれることがありますが,この技構成である以上この2匹を対象にSを振る理由は大きくなく,身代りゲッコに対するバレパンでの縛りを期待し,意地で採用しました.

耐久に振った恩恵が非常に大きかったです.

                                                                  

2.3.グライオン@どくどくだま

f:id:NateArchibald:20180802152338p:plain

H:16n+1

S:眼鏡テテフf:id:NateArchibald:20170709012109g:plainや遅いミミf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainを抜ける程度

H-D:f:id:NateArchibald:20170709012126g:plainの1瞑想めざ氷確定耐え

〇HDまもみがギロチングライオンf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainの採用

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainに一貫して電磁波も入れられず電気タイプ重い中で,環境にいる電気タイプとしてf:id:NateArchibald:20170709012126g:plainf:id:NateArchibald:20171010013814p:plainf:id:NateArchibald:20171010033450p:plainの3匹のうち後ろ2匹はこちらのボルトで殴り合えたり,グロスが打点を取ったりできるため,地面枠として

1.コケコに対する高い安定性

2.電磁波下でのアドバンテージ

を期待し,HDベースのまもみがギロチングライオンを採用しました.

麻痺下では期待値的には4回身代わりを残すことができる≒ノーリスクな回数だけでも4回ギロチンが撃てる計算になります.

最近のコケコはほぼ必ずめざ氷を持っていて交換読みで2回撃たれるパターンを考えるとグライでコケコを見るのはやや不安を孕むように感じました.

ボルトロスと併せて有利をとれる相手がぐっっっと増えますが,単体では環境上位にワンチャンしかけることしかできない場面が極めて多いため,選出は非常に慎重にならざるを得ない,非常に難しいポケモンでした.

ゲンガーとコケコを落とせるラインまでAを伸ばした意地HADベースにすべきでした.

                                                                  

2.4.ジャラランガジャラランガZ 防音

f:id:NateArchibald:20180802153204p:plain

〇防音ジャラランガf:id:NateArchibald:20180802153746p:plainの採用

前期の結果を受けジャラランガが流行ると予想し,メタとして3特性の中で最も採用率の低い防音ジャラランガを採用しました.

フェアリーではなく防音ジャラランガを評価した点として

メタグロスと相性がよく,相手視点でジャラランガが通る≒選出を誘える

・そのうえで安定して後出しができてZを無効化でき,相手の選出のパワーダウン,選出の絞り込みができる

・さらにこちらの起点にできる

・ボルトの電磁波,挑発から繋ぐ際に上から耐久を上げる積み技が強力に感じた

等を挙げます.

また,こちらのf:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainf:id:NateArchibald:20180802153746p:plainf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainの並びに対して通りのいいf:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20180305101715p:plainのステロ+吠える展開に対し,吠えるを無効化することででeasy winが狙えます.

f:id:NateArchibald:20170709012126g:plainf:id:NateArchibald:20170709012109g:plain入りに出したい場面も多かったので,身代わりの枠は毒づきや,f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171005171628p:plain等に楽に勝てる挑発でもよかったかもしれません.

                                                                        

2.5.ウルガモス@マゴのみ 炎の体

f:id:NateArchibald:20180802155010p:plain

 〇HBに振ったガモスf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainの採用

グロスの他にボルチェンから繋いでミミッキュに対する一定のクッション性能を持つ

ジャラランガと同様,上からの耐久を上げる積み技を持つポケモン

として採用しました.

技構成は非常に悩みましたが,最終的にはカバマンダに勝ちやすくなり,構築で重いレヒレの処理ルートになりうるめざ氷ギガドレを採用しました.

ガモスにサイキネor暴風を仕込めばバシャ入りに抗えますが,カバマンダ,レヒレに比べればと今回は切りました.

炎技は微妙に火力が足りない場面もあり文字にしようか迷うことが多かったですが,文字は当たらないこと,放射とは威力10しか差がないことをうけ,最終的に炎の舞を継続しました.

                                                                        

2.6.カミツルギ@ノーマルZ

f:id:NateArchibald:20180920234055p:plain

 〇Zギガインパクトf:id:NateArchibald:20171010060349p:plainカミツルギの採用

ここまでで,

・こちらの崩しが通らないf:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20170709012109g:plain(orf:id:NateArchibald:20171004042648p:plain)カバリザ+妖の崩しが欲しかった

ミミッキュにそれなりに強い駒

f:id:NateArchibald:20171107052619p:plainf:id:NateArchibald:20171010055649p:plainを止めることのできる駒

が必要でした.

コンセプトの電磁波とのシナジーを考え,まもみがメガサメハダー,身代わり挑発羽休めサザン,怯みを期待できるギャラドスなど迷いましたが,最終的に下の物理水を重く見てツルギを採用し,リザに勝てるノーマルZを持たせました.

技は水に刺すリフブレ,コンセプトよりギガインパクト,出せる範囲の広がる剣舞に,最後はガルド入りのトノラグに選出できるよう叩きを採用しました.

調整は変える・考える時間がなかったためASで使用し,勝敗に関することはありませんでしたが,B方面が不安に感じることがありました.

また,カバリザテテフに出す以上テテフのサイキネ耐え程度までは欲しいと感じ,以上を踏まえてHDにやや振った方がいいと思います.

A方面は無振りでもZギガインパクトで無振りf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20170709012109g:plainは確定だったはずですが,f:id:NateArchibald:20171004175827p:plainを舞はたきで落とすことも考えるとどこまで削るか悩みものです.

                                                                                               

3.選出パターン・運用

〇選出パターン

基本選出は特にありませんが,多かったのは

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plain+f:id:NateArchibald:20171004175957p:plain+f:id:NateArchibald:20180802153746p:plainorf:id:NateArchibald:20171004043505p:plain

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plain+f:id:NateArchibald:20171004043505p:plain+Z枠(f:id:NateArchibald:20180802153746p:plainorf:id:NateArchibald:20171010060349p:plain

相手にコケコがいたらグライオンf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainを,選出に組み込みます.

データはとっていませんが,選出率は

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainf:id:NateArchibald:20180802153746p:plainf:id:NateArchibald:20171010060349p:plainf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainのような感じだったと思います.

 特にボルトロスは体感9割近く選出していたと思います.

 

〇カバマンダf:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20171004175827p:plain系統

f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainの選出で,ボルトの起点つくりからガモスを通して勝ちます.

意地でもボルトを場に残し続けて,ガルドに挑発を撃って突破されるのが理想です.

相手はカバでボルトをみに来ますが,挑発めざ氷で一切仕事はさせません.

8~9割程度は勝っています.

〇ゲコミミマンダf:id:NateArchibald:20171010033623p:plainf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20180802153746p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20170709012126g:plain

基本的に選出択になりますが,f:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004043505p:plainの選出で,f:id:NateArchibald:20180802153746p:plainが選出されなければ6分程度で勝てます.

相手もこちらのジャラを止める必要があり,基本的にはZ枠としてf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainが選出されます.

ミミの前でガモスで舞って勝ちに行きますが,事前にミミッキュの皮を剥いで,ガモスの1舞炎の舞圏内に入れる必要があります.

〇カバリザテテフf:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171029223821p:plainf:id:NateArchibald:20170709012109g:plain系統

f:id:NateArchibald:20171010060349p:plainf:id:NateArchibald:20180730173501p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainの選出で,ツルギを通して勝ちます. 

                                                            

4.緒言

 最高レートは1930程度でした.

本構築はスタン構築としてはそれなりに運要素を含めましたが,結果的に運に頼るプレイングが全くできず,一番の強みでありそうな上振れを狙うことができませんでした.

本構築で運に頼るべき場面として,例えば釣り出しが警戒される場面で,突っ張れば択に負けても3割でその択に勝てるというようなところで運で択を緩和するという考えがどうしても甘えに感じて考慮に含めることができませんでした.

運も含めるとかなり対応範囲が広い構築で,電磁波という技に対する警戒がかなり薄く感じ,使いやすい構築でした.

どなたか興味をもって頂いた方に昇華して頂ければ嬉しく思います.

 

ご意見、ご質問等ございましたら@xoxo_humpheryまで