箱の中の猫

趣味やその時思ったことを雑記として書きます。ポケモンのことがメインになると思います。

【構築案】ポリレーヌ

こんばんは

構築案が浮かび、実際に回してみたのですがボツになりそうなのでメモ程度に記します。

 

ポリゴン2@輝石

HC控えめ

トラアタ/シャドボ/10まん/トリル

 

シレーヌ@眼鏡

HC控えめ

アリア/ムンフォ/サイキネ/ドロポン

 

・アシレーヌのムンフォの火力がニンフィアのハイボくらい強いと聞きかじった

・ナットもバナもいない今水妖の通りがすごい

・サンムーンのS1はポリ2が強い

以上の点からトリル張って二匹で高火力でぶん殴っていけば強いんじゃないかという安直な考えです。

今非常に流行っているガブギャラガルドカグヤに二匹とも強い点も見逃せません。

また、トリルという技も環境に多いSを上げる系の積みに対しての切り返しになります。

 

ポリ2+水妖ということでマリゲンポリ2に倣い3匹目を出来心でトリルメガゲンガーで回してみましたがあまりしっくりきませんでした。

ちょっと汎用性が足りなさそうです。

並びとしては環境的に悪くはないかと思うので他3匹をもうちょっと開拓していけたらと思います。

候補として挙がっているのはメガハッサムです。(ストライクに個体値振ってレベル50まで育てたのにメタルコートが出ないせいで使えないつらい)

どなたかメタルコートが余ってる方いらっしゃいましたら孵化余りとぜひ交換よろしくお願いします!!

【ボツ構築】ゲンガーテッカグヤ

こんにちは

先日考えてると言っていた新しい構築ですが、メインの構築が1800を超えたためサブロムで40戦ほど回してみました使いにくかったためボツにしました。

サイクルの中で圧力をかけていけないポケモンはやはり自分には扱いにくかったです。

 

1500スタートで1敗だけで1750くらいまで行けたんですが、その後悪運もありますが負けに負け1700に定着すらできなかったのでボツに。

間違いなくマッチング運がよかっただけですね。

あとは1700帯から急増するコケコマンダガルドポリ2に対して薄い点も環境的に合いません。

以下自分用のメモとして

 

ゲンガー@石

臆病HS

鬼火/祟り目/ヘド爆/道ずれ

(初手の眼鏡やら襷のコケコ対面10回以上あって ぜ ん ぶ 同速負けたんですけどあれれ?)

 

テッカグヤ@残飯

呑気Hbd

地震/放射/毒毒/守る

  ↓

勇敢HAベース

地震/放射/めざ氷/毒毒

 

ガブリアス@襷

陽気AS

逆鱗/地震/岩石封じ/剣舞

 

ガオガエン@チョッキ

意地HAベース

フレドラ/地震/DDラリアット/蜻蛉帰り

 

グソクムシャ@ゴツメ

この間のやつです。

 

デンジュモク@エスパーZ

臆病CS

10まん/めざ氷/ほたるび/催眠術

    ↓

カプ・テテフ@拘りスカーフ

控え目CS

サイキネ/ムンフォ/シャドボ/10まん

 

 構築のコンセプトは地震が等倍になったゲンガーの引き先としてテッカグヤが強いのではないか。

ゲンガーの道ずれからテッカグヤで詰ませられるのではないか。

テッカグヤで状態以上を撒いて祟り目すれば強いのではないか。

というところです。

実際はポリ2が重すぎてダメでした。今時みんな10まんか放電持ってます。

あとはこの型のテッカグヤはやれることが少なすぎますね。

詰ませを狙うなら宿り木あった方がよかったです。

ナットレイの方がまだ強いような。

 

 あとは構築全体としてパワーがなかったです。

メガシンカにより高火力が多い、Zワザの誕生で予期せぬ瞬間高火力が増えた。

などなどで今時では押し切られることが多いです。

あとはコケコが重すぎる等環境に合ってませんでしたね。

テッカグヤは受けとしては扱いにくかったです。

雑に組んだ構築なので煮詰めれば強い人は結果を出せるのではないでしょうか?

自分には合わなかったです。

 

 ただ、ゲンガー自体は環境にぶっ刺さっていた点、ガオガエンが思ったよりずっと使いやすかった等発見も多かったです。

特にガオガエンは耐性が非常に優秀で耐久も高く、技の範囲火力と蜻蛉が優秀で、威嚇が解禁されれば厨まではいかずともある程度強ポケになるんじゃないでしょうか

 

これからはゲンガーを軸にまた新しい構築を考えていきたいです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

瞑想カプ・コケコ②

 こんにちは

 先日の瞑想カプ・コケコ

nate-archibald.hatenablog.com

の続きの記事となります。

 まず結論から言うとS1の現環境に瞑想は刺さらないと思います。

 理由としては思った以上にアローラガラガラが多かった点です。

 当初自分はコケコメタはジバコが最有力候補だと感じ、ジバコ交代際の瞑想から詰ませを狙っていけると考えていたのですが、物理であるガラガラにはD上昇も関係なく、マジシャもほとんど入らないので完全に止まってしまいます。

 

 ただ、使用感としては非常に良好でした。

 はじめCS@オボンの10まん/マジシャ/瞑想/ボルチェンで使用していたのですが、先述のようにジバコの交代際や初手のクワガノンやデンジュモク対面で特に有効打はないものの引くとボルチェンが来そうという場面での瞑想は安定択となり交代でも突っ張りでも負荷をかけていけます。眼鏡でも対面から打ち勝てますが、能力を上げてなお拘ってない状態で裏と対面できるのは大きいです。また、ポリ2バルジ等の受けの崩しもできます。

 やがてレートが上がるにつれてガブリアスが増加し、初手対面で突っ張りたい場面も増えてきたので持ち物を襷に変更。先日のゴツメグソクムシャの記事はこの状態となります。これは正解で、ガブリアス対面での持ち物判定も含め安定択のマジシャやマンダギャラ等のストッパーを任せることができるようになりました。

 しかし、瞑想とのシナジーは悪くなります。そもそもコケコは等倍なら大体一発は耐える点(逆に言えば一発しか耐えれない)、特殊で弱点を突かれるのが現状ヘド爆しかないことを考えると瞑想を生かすならオボンを持たせて2耐えを狙った方がいいです。

 そういった中で10日程経過し、テッカグヤガラガラ、ガブリアスの並びが急増します。構築としてテッカグヤがいる以上コケコを出さなければいけないがガラガラで完全に止まる、また瞑想を積んでも裏のスカーフガブが出てくるんじゃないかという状況が頻発し、現環境瞑想は刺さらないと判断して瞑想の枠をガラガラ後出しの際に大きく削れる自然の怒りに変更。

 以上がここまでの経過で、現状襷コケコを使うなら10まん/マジシャ/ボルチェン/自然の怒りになるのではないでしょうか。自然の怒りの枠は蜻蛉もありだとは思いますがガブ後出しで襷が削れるので怒りに分があると思います。

 ただ、これはあくまで現状の話で、バンク解禁等環境が変われば瞑想は刺さると思います。その際はスカガブの交代際にアドが取れるよう@オボン 10まん/マジシャ/瞑想/身代わりが強いと思うのでいずれこの型を使用したいと思います。残飯でない理由は前回の記事にあるようにEFの即効性を生かしたいからです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

ゴツメグソクムシャ

アローラ!

先日パーティの4匹だけ育成が終わってついついテンション上がってレートに潜ってしまいました。

やっぱりレートに潜れると楽しいですね。

さて、レートでいろいろなポケモン見たり動画見たりしてるんですけど、グソクムシ

f:id:NateArchibald:20161128174815g:plainってとても面白いですね。

調整次第で危機回避の発動タイミングを変えたりすることができ、そのカスタマイズ性能が高く、人によっていろいろな調整が見れそうです。

とりあえずこいつを使ってレート一週目で1770瞬間最高50位くらいまでいけたんですけど(序盤とはいえ2桁順位になったことはないのでとても嬉しい)限界を感じ始めたのでもう使わないと思い公開します。

多分弱いと思います。

 おそらくこいつはチョッキ、ハチマキ、珠あたりが多いと思うのですが、まず考えたのは出会い頭、危機回避と場に出すだけで効果があること、加えて不意打ちアクジェもあるので最後の最後の削り性能が高いと感じたためゴツメを持たせてみることにしました。

水虫で地震が半減なので逆鱗で触らせることも狙っています。

以下の調整やダメ計はまだダメ計ツールが出ていないときのものなのでかなり間違ってると思うので参考にはしないようにしてください。

 

 175(196)-194(252+)-167(52)-81(4)-111(4)-48(-)  勇敢@ゴツメ(HP87で危機回避)

 出会い頭/アクアブレイク/不意打ち/冷凍ビーム

 

 A200意地ガブリアス地震4耐え

 逆鱗に後出し(80%ほどで危機回避発動しゴツメ入れてそのまま逃げる)→コケコ投げる→逆鱗ロックされてるのでマジシャで処理できる

 コケコが火力アップアイテムをもってなくてもゴツメ×2+マジシャで確定なので一発受けて逃げられてもゴツメ圏内です。

 A182の場合は逆鱗2耐えします。また、A182逆鱗+サメ肌で確定で危機回避するのでスカーフじゃなかった場合は上の流れで出会い頭→危機回避→逆鱗ロックなのでコケコで受ける→上から縛れるという状態ができます。他にも出会い頭×2+ゴツメで確定なので上の流れで次のサイクルからガブを縛れます。

 ガブは上の流れで処理できるので冷凍ビームはマンダピンポです。S1の環境はマンダが激強だと思ったので、起点になるポケモンはそもそも選出・採用自体が厳しくなると思い採用。冷凍ビーム+ゴツメ+反動でH191あたりまでのマンダは最低乱数でも確定だったはずです。他にもガルドのシャドボ+ゴツメ+反動で倒せるのでシャドボ撃つ→地震に繰り出す→捨て身撃たせて倒すということもできます。この枠はアクジェか剣舞がテンプレになると思うのですがそれだとマンダの餌になるので、誘って処理するという意味でも重宝しました。アクアブレイクでガブのサメ肌に触りたくないとき、バンバドロのゴツメに触りたくないときなんかも便利です。

 このようにとにかく削って他のポケモンの圏内に入れながら有利対面を作っていくのが基本の動き戸なります。

 また、どうせSは40しかないので加工補正でも気にならず、SがVのガラガラの下を取ってるのでトリルガラガラの対策にもなります。

 環境にギャラが非常に多いのでタイプ数値的にギャラに非常に強い点、ストッパー性能も優秀でした。他にも出会い頭×2でグドラ確定で、眼鏡流星群も超低乱なので雨対策にも重宝(ドラゴンZは降参)。あとは処理が面倒なマッシブーンなんかにもかなり有利です。 

 また、先述のように場に出すだけで効果が非常に大きいのでマンダの威嚇とのシナジーもよかったです。

 

 今回ここまでグソクムシャを興味本位で使ってみましたが使用感は非常によく、動き方も非常に面白かったです。危機回避の疑似脱出ボタンによる対面操作、自身も対面性能は高いので対面寄りの構築に自然とクッションとして組み込んでいけるのではないでしょうか。僕自身スイクンの扱いが苦手であまり使ったことはありませんが、アタッカーの脱出ボタンとゴツメを持ったスイクンのような感じです。 

 ただ、レート開始から10日経ってテッカグヤ、ポリ2がかなり増えてきてちょっと刺さらないかなーと感じ別のパーティを考えてるので公開。

 まあこんなマイナーなブログに影響力はないと思うので絶対対策も使われることもないと思ってます(笑)

  ここまで読んでくださった方々ありがとうございます。

 では失礼します。

  

   

 

 

瞑想カプ・コケコ

こんにちは

遅ればせながら本日10時間プレイして殿堂入りしてしまいました(明日試験なので今日はやらないつもりだった)

今作女キャラみんな可愛くてストーリーもよくてとても楽しめました。

さて本題に入りまして、先日新ポケの勉強をしようと思ってポケ徹を見てたところ(ポケ徹さん仕事早すぎ)カプコケコの技に瞑想があるのを発見しました。

コケコは眼鏡がよく話題に挙がりますが、以前瞑想ライコウを使っていたときとても強かったので似たようなことができないかとちょっと考察してみました。

まず種族値について

f:id:NateArchibald:20161120215000g:plainカプコケコ 70-x-85-95-75-130

f:id:NateArchibald:20161120215017g:plainライコウ  90-x-75-115-100-115

赤はそれぞれ比較したとき優れている点です。(Cはエレキフィールド(以下EF)、候補技の威力も考慮)

こうして見てみるとライコウのいいところは

・耐久値が大きいので耐久ポケ相手にガン積みできる

一方でコケコは

・Sが130あるので起点にできる範囲が広そう(対高速特殊AT)

・EFによる火力増強

が挙げらます。

ライコウはHSベースの残飯身代わり瞑想プレッシャーでハメるイメージが強いですが、コケコの耐久ではちょっと心許ないように感じます。

そこで、EFが5ターンだけ、S130でライコウよりも速く火力もあるので、コケコの場合は抜き性能を上げるためにCSベースの方が強いのではないでしょうか。

参考までに臆病CS252振った実数値は145-x-105-147-96-200

火力指数は

・10まん C0↑-29767 C1↑-44651 C2↑-59535(EF込)

・ムンフォ C0↑-19845 C1↑-29767 C2↑-44651 

ちなみに意地A200ガブの地震が30000、MバシャのA233膝が45000、ガブの意地鉢巻逆鱗が54000程度です。

1積みでバシャの膝クラスの火力をS200から命中安定で撃てると考えると強そうではないでしょうか。

持ち物の候補としては襷、カプ電気フェアリー等のZ、珠あたりですかね。

 

ガブの岩石封じが減って毒づきが増えそうなので襷なら対面から勝てそう、

拘り電気技を撃たないで済む点が型自体のいい点でしょうか。

 

追記

 ムンフォ覚えませんでしたすいません..。

 

【S17最高1945】ラティハッサムサンダーガルカバゲッコ

SMに向けての練習として、第6世代の締めくくりとして記事を書いてみました。

 使用した並びは以下のようになっています。

f:id:NateArchibald:20161107114059g:plainf:id:NateArchibald:20161108110235g:plain

f:id:NateArchibald:20161108110243g:plainf:id:NateArchibald:20161108110246g:plain

f:id:NateArchibald:20161108110335g:plainf:id:NateArchibald:20161108110434g:plain

 

構築の組み始めは環境に刺さってそうだと感じたラティオス

ラティと相性のいいハッサム

個人的に一番好きなゴツメ枠でガルーラに強いカバルドン

次にガルーラ枠でありガルカバの並びを作れるガルーラ

ここまでのガルカバラティオス、ラティハッサムカバの2つを基軸として、

実況者のグラさんがよくラティハッサムと組み合わせていた、カバの弱い水草に強いサンダー

最後にここまでで辛い状態異常にある程度強くガルカバと相性のいいゲッコウガを採用しました。

 

以下単体紹介していきます。

 

f:id:NateArchibald:20161106234837g:plain

ラティオス@こだわりメガネ

実数値 155-x-100-182(252)-131(4)-178(252+)

りゅうせい/サイキネ/なみのり/10まん

上から殴れれば大体ゴリ押しでどうにかなるポケモンなのでナットレイ等確実に受けられるポケモンがいない限りは困ったら選出していた気がします。

流星はH252ハッサムでも確2、たしかシールドガルドでも3発で落とせるぐらいの無茶苦茶な火力もさることながらゲンガーの191シャドボ確定耐え、サザンの194悪波高乱耐え等耐久もかなりのものでした。

環境に刺さっていた、構築の軸等もあり選出は3位と多かったです。

 

f:id:NateArchibald:20161108110235g:plain

ハッサム@石

意地HAベースD調整

バレパン/蜻蛉/剣舞/羽休め

ラティのサポートや、クッション、後述のガルーラが出せないクレセ入りに出せるメガ枠です。当時はガルクレセドラン意識の馬鹿ッサムがメジャーになりつつありましたがこの型はあくまでサポートメインであるため単体で刺さっているから出すということはほとんどなくあくまでラティがぶっ刺さってるから出す、という感じでした。

実質持ち物なしの非メガ状態では両方とも数値不足であるためガルーラとの同時選出ができないのが痛く、選出は6位

それでも10月末の某学祭のオフではめちゃくちゃぶっ刺さってて8割方選出して活躍しました。

 

f:id:NateArchibald:20161108110243g:plain

ガルーラ@石

無邪気ACS

猫/捨て身/地震/冷ビ

汎用性の塊の無邪気最速両刀です。

やんちゃにしなかった理由はメガ前意地マンダ、意地リザxを抜ける点、最速リザyやルカリオに同速を仕掛けられる点などです。

主にマンダ軸や対面厨パに刺していきました。

地震の枠を文字にしたくなるときもありましたが、ナットハッサムともに後述のサンダーで完全に止められるので範囲が広くなる地震を採用。

無難につよかったです。

選出は1位で選出勝率も7割はあったのでさすがの一言でした。

 

f:id:NateArchibald:20161108110246g:plain

カバルドン@ゴツメ

図太いHB

地震/岩封/なまける/あくび

冷B持ち以外のガルーラに対して後出しが安定する駒(安定するとは言ってない)

他のゴツメ枠との違いはA種族値111、地震があることでの素の火力の高さによる殴り合い性能の高さ、ガルゲン両方と殴り合える点、あくび岩封による起点回避性能と考えています。

 大半のガルーラに対して11以上が見込めるので処理は安定します。

冷Bに対しても実は2耐えできることが多く最悪後出しあくび→なまけるで持ち直せます。

鬼火挑発アローが構築単位でかなり重いので岩封を採用。

氷の牙じゃないことで竜羽マンダを後出しから安定して処理できる駒がいなかったのはつらいですが起点回避しながら最悪TODをしかけれるので岩封は正解だったと思います。

ガルーラ入りには大体選出していて、4位だったと思います。

 

f:id:NateArchibald:20161108110335g:plain

サンダー@オボン

図太いHBCDS調整

ボルチェン/熱風/毒/羽

クッション兼詰ませ役としての採用。

細かい調整は忘れましたが、182シャドボオボン込3耐え、222ヘド爆オボン込2耐え、マリルリのじゃれつく2回+アクジェ耐えとかで結果的にBが11nとかになってた気がします。

当時はボルトメタのついででサンダー対策のつもりになっている構築が少なくなく、実はボルトに勝ててもサンダーに勝てないポケモン(ヒトム、ランターン、霊獣ランド等)は多くそういった構築はサンダーだけで勝てるというようなこともかなりありました。

補完で入ってきた駒ではあるものの汎用性の高さから選出はガルーラに次いで2位、選出勝率は8割ぐらいありました。

(サンダー好きですし活躍もしてますけどそれでも僕はボルトの方が強いと思ってます)

 

f:id:NateArchibald:20161108110434g:plain

ゲッコウガ@ラム

臆病BCS調整

熱湯/冷B/悪波/影討ち

いわゆる信用可能ゲッコウガです。

ガルカバと相性がよく、ここまでで薄い催眠系、害悪系に強くするために入れてみたところ非常にマッチしました。

これといって語るところはないですが無難に強かったです。

選出は5位でしたがよく考えられた型だけあって非常に使い勝手がよく、もっと上手く使ってあげたかったです。

 

選出パターンは

対面厨パ…ガルカバラティオス

相手はガルーラの処理にゲンガーかスイクンがほぼ必ず来るのでガルーラとゲンガーで11取ってラティを通すorラティとスイクンの対面を作って崩していきます。

クレセドラン…ゲッコウガ+ラティハッサムカバから2匹

基本的にラティハッサムで有利対面を継続しながら削っていく、ヘラをゲッコウガ圏内に入れて全抜きを狙う立ち回りになります。ガルーラがいたらカバを、いなかったらハッサムを出していきます。

カバルカ…ゲッコウガサンダー+カバorガルーラ

ゲッコウガでカバを処理したらサンダーでルカリオを、カバでカイリューを処理したり先にガルーラをメガシンカさせて上から範囲で処理します。

受けル…ラティハッサムガルーラ

この構築で受けルに当たったことはないのでなんとも言えませんが、想定ではサイクルを回しながら3匹を見て、選出された物理受けがヤドラン→他を切ってメガハッサムで積んで全抜きを狙う

ムドー→ガルーラを進化させて凍らせる

と考えていました。

どうなったかはわかりません。

マンダ軸…ガルカバサンダーorラティ

鋼枠にナットがいたらサンダーを、ガルドならラティを出します。

基本的に鋼枠やスイクンを削って最後にガルーラで詰めていきます。 

 

 

初めての記事なので至らぬ点は多いとおもいますがこんなところでしょうか。

サンムーンまであと一週間楽しみです!!