箱の中の猫

趣味やその時思ったことを雑記として書きます。ポケモンのことがメインになると思います。

【構築案】ミミジャロ

下書きに面白そうなのが落ちてたので遅ればせながら投稿します。

 

 

お久しぶりです、2月3月と忙しすぎてブログの更新はおろかレートに潜ることすらほとんどできていなかたChuckです。

 

今現在大流行しているリザカバの並びをXY問わず攻撃的にどうにか崩せないかと模索した結果雑に組んだ並びが思ったよりしっくりきたので記事にしようと思いました。

コンセプトとしては草の処理をリザガモスに一任している構築は襷めざ岩ジャロ一匹で崩せるのではないか、対面ではニトチャの起点にされるかもしれないからミミッキュでカバを呼びつつカバをリフストの起点にして全抜きを図れるのではないかというところです。

 

ミミッキュ@半分回復木の実

呪い/鬼火/挑発/守る

nate-archibald.hatenablog.com

ジャロは初手のカバ対面ではHDオボンのあくび突っ張りとリザに引いて砂で襷を潰される択があるので思ったよりも安定しませんでした。

そこで、カバにひかれにくく挑発で展開阻止できて広く削りを入れられる呪いミミッキュを採用しました。

調整はリザXのフレドラ、マンダの特化捨て身確定耐えまでHBに割き残りDです。

意図としてはマンダの捨て身を身代わりで受ける→鬼火→捨て身で半分入る→呪い→木の実発動(呪いダメ①)→守る(呪いダメ②)→捨て身耐える(呪いダメ③)→守る(呪いダメ④)となり反動込みでHP奇数のマンダでも処理できます。経験則ですが相手はじゃれつくを考慮すると龍舞や羽休めは押せないようで、また挑発も絡めて最悪でも相打ちには持ち込めます。

攻撃技がありませんが挑発を押されたことは一度もありませんでした。

 

 

ジャローダ@気合の襷

臆病CS (残りの4は地球投げ3耐えならHに、DL対策ならDに振ります。)

リーフストーム/めざ岩/挑発or蛇にらみor竜の波動

 

ジャローダは今でもゴツメがメジャーなようで基本的に襷は考慮されませんでした。

バシャがリフスト2回で落ちたので後出しもできないようです。また、襷を盾に突っ張ったら相手が釣り出しを狙って自滅していって初手ジャロ3タテが何度もあったので襷ガルドのように一方的に択を押し付けるような感じです。

大きいのはガブの岩封でSが上がるので襷ガブに対面から起点にしながら勝つことができます。初手ステロから入ってきたら襷が残ったC4段階上昇という化け物が出来上がります。スカガブには勝てません。

 

相手の展開系を嫌って挑発をいれてみましたが撃つ機会がなかったので竜の波動と蛇にらみが今の環境では一番使いやすそうです。

また、めざ炎ならマンマンナットレヒレを一匹で崩せたりグロスの後出しに対して大きく削ったりできます。