箱の中の猫

@xoxo_humpheryのブログです

S6ボツ構築 ポリクチガッサミミッキュガブライコウ

シーズン序盤に使用していて強いと感じていましたが、勝てなくなったので供養です。

「俺はこの構築で今期勝つんだ!!最後まで戦い抜くんだ!!!2000記事として投下するんだ!!」と意気込み早々に記事を下書きに書いてしまっていたので勿体ないので投下させてください。

最高レートは1900ちょっとで最高順位は50位いかないくらいです。

1.構築経緯

2.個体紹介

3.選出パターン

の順に書いていきます。

 

1.構築経緯

 SM最終シーズンに結果を残したく思い、S2で使用して使い勝手がよく感じ、また多くの環境で安定して強いと感じたガッサミミッキュを軸に

1.一方的にパワーを押し付けることでの対面処理

2.対面性能を維持しつつ役割破壊を多く仕込むこと

での2パターンで一方的な安定行動を通してのeasywinを狙える構築をコンセプトに組みました。

コンセプトから襷ガッサf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainとZミミッキュf:id:NateArchibald:20171004042648p:plain

アタッカーとして異常な耐久とDL時の高い火力から殴り合いに強いDLポリ2f:id:NateArchibald:20171004042706p:plain

同じく高い耐久と火力を持ちエスパーの一貫を切れてポリ2とも相性のいいメガ枠としてクチートf:id:NateArchibald:20171004042724p:plain

持ち物や特性で行動保障をつけずとも高い耐久と速度で動かすことができ、電気の一貫を切れてここまでできついカバリザや数値での受け回しを崩せる竜Zガブリアスf:id:NateArchibald:20170709011909p:plain

最後にS5で結果を残し、増えたバレルに対面からアドを取れるもう一匹の数値受け崩しとして身代わり瞑想ライコウを採用f:id:NateArchibald:20161120215017g:plain

 

2.単体考察

f:id:NateArchibald:20171004042740p:plainキノガッサきあいのタスキ

いじっぱりAS

努力値 0-252+-4-C-0-252

実数値 135-200-101-C-80-122

タネマシンガン / マッハパンチ / がんせきふうじ / キノコのほうし

〇テンプレ構成。がんぷうの枠を剣舞にしたくなるときもありましたがリザをはじめ炎に強く出るためにがんぷうのままで。タイマン性能、選出誘導など無難に強かったですが上位に行くにつれてバレルジャロが増えてだしにくくなっていった印象です。

 

f:id:NateArchibald:20171004042648p:plainミミッキュ@ゴーストZ

いじっぱりAS

努力値 4-252+-0-C-0-252

実数値 131-156-80-C-125-148

シャドークロー / じゃれつく / かげうち / つるぎのまい

〇こちらもテンプレです。頻繁に言われていることですがこのポケモンを採用、また選出できないことがパワーダウンになるというのはその通りだと思います。

 

f:id:NateArchibald:20171004042706p:plainポリゴン2@しんかのきせき

ひかえめHCベース

努力値 244-A-12-192+-60-0(めざ炎非理想個体)

数値値 191-A-112-163-122-80

実質  191-A-168-163-183-80

DL時    191-A-168-244-183-80

トライアタック / れいとうビーム / めざめるパワー(炎) / トリックルーム

〇Hはきれいな191に、テテフのサイキネ2耐えまでDに、王冠非使用で偶数箇所に振ったほうが効率いいので輝石考慮でBを偶数にするためにBに12振り、残りはCに。

技構成はクチートと相性がよく自身の強化になるトリル、一致高火力のトラアタ、マンダランドが環境に多いのでれいビ、最後にれいビと併せて裏のナットやグロスルカリオ等が絡んだサイクルを崩すめざ炎を採用。特にマンダナットを意識して炎氷の範囲を重要視しましたが環境のナットの個体数、構築で重いガルドミミッキュゲンガーを考えるとシャドボの方がよかったと思います。

使用感は殴り合いに滅法強かったですが数値受けで簡単に止まるため出しにくかった印象です。対面寄りの構築や攻撃系サイクルにはかなり刺さりました。

 

f:id:NateArchibald:20171004042724p:plainクチートクチートナイト

いじっぱりHA

努力値 252-252+-0-C-4-0

メガ前 157-150-105-C-76-70

メガ後 157-172-145-C-116-70

実質(特性込み) 157-344-217-C-116-70

じゃれつく / ふいうち / れいとうパンチ / かみなりパンチ

〇特に調整先が浮かばなかったのでHAぶっぱ、B方面は十分固いと思ったので端数は4はDに。

技構成は一貫のとりやすいじゃれつく、縛り性能が格段に上がるふいうちまで確定として残りはギャラ、カグヤ、後出しリザ、ドヒドイデ等を狩れるかみなりパンチ、最後にマンダグライに身代わり連打でじゃれ躱しをさせずボルトランドをワンパンでき、カバに確2をとれるれいパンを採用。

数値受けの崩し性能がない一方想定外の技範囲で相手の想定とこちらの役割を大きくずらすことが強みであったと思います。

トリル下で通すよりも二匹目に出して範囲で削る・対面処理をしてラス1で詰める動きが多かったです。

 

f:id:NateArchibald:20170709011909p:plainガブリアス@ドラゴンZ

いじっぱりAS

努力値 0-252+-4-C-0-252

実数値 183-200-116-C-105-154

げきりん / じしん / ほのおのキバ / つるぎのまい

〇最速でないリザに勝てるようSに、クレセポリ2カバに対して乱数が変わってくるのでAにぶっぱ。構築でミミッキュがかなり重かったのでじゃれかげ耐え調整をしたくもなりましたがAもSも削れなかったのでこのまま。

いろんなサイクルを一匹で崩してeasy winできたり火力を出せてかつ逆鱗で拘らなくてよく、この構築で一番強かったように感じます。ミミッキュが出しにくいリザカバやコケコランドに対して出すので役割、選出が被らないと思っての採用ですが意外と同時選出が多くどっちでZを撃つか悩む場面がよくあったので、ミミッキュの持ち物並びに型に一考の余地があると感じました。

 

f:id:NateArchibald:20161120215017g:plainライコウ@バンジのみ

臆病HS

努力値 252-A-0-4-0-252+

実数値 197-A-95-136-120-183

木の実込 295-A-95-136-120-183

10まんボルト / めざめるパワー(氷) / みがわり / めいそう

 〇調整意図は身代わりを張る回数を最大かつ耐久を最大にするために、Hが4n+1になるようぶっぱ。構築でジャロが重いので最速に。残りは瞑想効率を考えてCDが偶数となるようCに4振り。

技構成は安定一致打点の10まん、補完のめざ氷。コンセプトの身代わり瞑想。ナットは10まんでゴリ押せるのでめざパは炎よりもマンダに刺さる氷の方が強いです。

6世代に身代わり瞑想ライコウを使用したかったときに他に残飯が取られていたときに試しにオボンを持たせてみたら遂行速度の関係で非常に使いやすかったことが起源。当時高速身代わりで自分でHP調整ができてオボンが確実に発動していたため半分回復実でもっと強くなるのではないかという発想です。

ガブガッサミミッキュが呼ぶクレセポリ2バレル等の特殊低火力物理受けを起点に突破されない状況を作って詰めていきます。

 

ボツ個体

f:id:NateArchibald:20171004042757p:plainバシャーモ@ラムのみ

無邪気CSベース

155-147(52)-90-162(252)-81(0-)-138(204+)

オーバーヒート / とびひざげり / めざめるパワー(氷) / まもる

ライコウの枠で使用していました。

先制技に強めたいのでD下降補正、1加速で130族は抜ける方が使いやすいと感じ無邪気で採用。調整は1加速130族抜きのついでに135族抜きまで伸ばすためにS実数値を138に、Cにぶっぱ、残りをAです。両刀バシャではCSベースが多いですが、Aに無振りだとガルーラも落とせないのでAを伸ばす意図もありSを削っています。

このポケモンは引かせたくない場面が多かったので文字、膝で採用したかったのですが文字が全く当たらないので渋々オバヒでの採用。間違いなく文字の方が強いです。

技構成上運負けを引き寄せるので極力出さないよう心掛け、その意もあって他の持ち物に比べパワーが劣りかつ汎用性の薄いラムの実は汎用的に選出しづらく、ピンポイントで選出したい点にマッチしていたかと思います。

 

3.選出パターン

基本選出はf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20171004042724p:plainf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainから3匹。ほとんどはf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainf:id:NateArchibald:20171004042724p:plainorたまにf:id:NateArchibald:20171004042706p:plain

でしたが特にクチートの通りがよくトリル張れば簡単に勝てそうなときはf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20171004042724p:plainf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainorf:id:NateArchibald:20171004042648p:plain

上記の4匹のうち2匹以上が後出しから完全に止められ出せないとき、具体的には

1.f:id:NateArchibald:20170709012126g:plain+鋼(f:id:NateArchibald:20171004175957p:plainorf:id:NateArchibald:20171004175827p:plain)、f:id:NateArchibald:20171005171601p:plainf:id:NateArchibald:20171004180804p:plain入り→f:id:NateArchibald:20171004042740p:plain

2.f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20170709012020p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plain軸といったミミッキュがタイマンで勝てないポケモンが複数いる構築→f:id:NateArchibald:20171004042648p:plain

3.f:id:NateArchibald:20171004180807p:plainf:id:NateArchibald:20171005172237p:plainf:id:NateArchibald:20171005171628p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plain

4.リザバシャヒトム等炎が2枠以上→クチート

と出せなくなるので上記の2要素が被ったときにガブ+2匹で崩しに行きます。

 

 

〇有名な並びに対しての選出パターン

f:id:NateArchibald:20170709012126g:plainf:id:NateArchibald:20171004043528p:plainf:id:NateArchibald:20171004175957p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20171004042757p:plainf:id:NateArchibald:20171004042724p:plainorf:id:NateArchibald:20171004042648p:plainorf:id:NateArchibald:20170709011909p:plain

・トリルからポリ2で全体的に削って最後にバシャミミッキュで〆るのが理想の動きです。残りの3匹が受け寄りだったらガブで崩す、対面寄りだったらクチートに繋いでいきます。

 

f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20171004175827p:plainf:id:NateArchibald:20171004042740p:plainf:id:NateArchibald:20171004042757p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plain

・初手ガッサでガルド後退際に胞子を当てる→バシャ投げガルド眠り→カバにオバヒを当てて崩す、もしくはガルドを削ってポリ2のめざ炎圏内に入れて詰めるのが理想です。

  

f:id:NateArchibald:20171004175823p:plainf:id:NateArchibald:20171004180101p:plain+なにか→f:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20161120215017g:plain+なにか

・初手ポリ2から安定行動を繰り返すことを意識します。

 

f:id:NateArchibald:20170709012053p:plainf:id:NateArchibald:20170709012020p:plain+なにか→f:id:NateArchibald:20171004042740p:plainf:id:NateArchibald:20170709011909p:plainf:id:NateArchibald:20171004042724p:plainorf:id:NateArchibald:20171004042706p:plain

・ガッサでカバを落としてガブでリザを倒して詰める、もしくガブリザ対面剣舞して出てくるカバにA2↑Z逆鱗を当てて倒します。ラス1がミミッキュだとつらいです。

 

f:id:NateArchibald:20171004042706p:plainf:id:NateArchibald:20171004042724p:plain+なにか→f:id:NateArchibald:20171004042740p:plainf:id:NateArchibald:20171004042757p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainorf:id:NateArchibald:20171004042648p:plain

・相手のクチートを受けれるポケモンがいないのでつらいです。

 

f:id:NateArchibald:20171004180804p:plainf:id:NateArchibald:20171004180807p:plainf:id:NateArchibald:20171004180811p:plainf:id:NateArchibald:20171004042706p:plainみたいな並び→f:id:NateArchibald:20171004042724p:plainf:id:NateArchibald:20170709011909p:plainf:id:NateArchibald:20161120215017g:plain

・初手クチートからドランを誘ってガブドラン対面を作り剣舞から崩す、低火力特殊を起点にライコウで積んで崩す形になります。

 

相手のミミッキュに安定して勝てるのがクチートガッサくらいなのでほぼ選出が強制されます。

重いのは相手のポリクチ、ガッサミミッキュ、ガルーラなどのミラー気味の構築、全体のSラインが遅いので速いグライオンが重かったです。特にミラーでは相手も同様にこちらのガッサミミッキュが重いので初手ガッサミラーのマッパ打ち合いまでは挨拶、次ターンにミミッキュ投げマッパ透かしを互いに考慮するので、また安定行動の マッパミラーでよくていじっぱ同速の勝率50%、それに対するミミッキュ交代が次ターンでは最も安定しますがそれがわかっていると相手もミミッキュ交代なのでまた同速勝負、

結局は

1.対面安定のマッパ<2.マッパ透かしのミミッキュ交代<3.ミミッキュ交代読みタネガン<1.対面安定のマッパ

の三竦みになり行動の択並びに同速勝負になり互いに安定しませんでした。